備前・透かし花入れ 制作秘話

こんにちは!備前焼作家、吉岡亜子です。

「備前焼をもっとかわいく、もっと身近に!」

をコンセプトに、素朴で渋いイメージのある備前焼を、もっと身近に感じてもらえるように、
女性らしい世界観で新たな備前焼の魅力を提案しています♪

今日は、私のお気に入りの作品をご紹介させていただきます。

どうやって作ってるの??
と疑問をもたれることが多いので制作秘話などもご紹介致します!

1つ1つ、丁寧に透かしを入れた花入れです。

中には透明なガラスの筒が入ってますので、水は漏れません。

備前焼の素朴な焼き色に、草花の緑が涼しげに映えます。

四季を彩る花々を入れてもよし、野の草を投げ入れてもよし。

何も入れることなくそのまま飾っても、透かし模様の面白みがありますので、飽きがこず楽しんでいただけると思います。

気取らず自分らしくお使いください。

サイズ:縦約15㎝前後

制作秘話

この透かしの花入れは、中にガラスの筒が入っているのがポイントです。

この花入れを作るときは、ガラス管のサイズに合わせてろくろをひいていきます。

しかし、ガラス管は市販のものなので、サイズはすでに決められたものになります。

ですので、

「焼き上がった花入れに合うガラス管を入れる。」

ではなく、

「ガラス管に合わせてろくろをひく。」

という流れになります。

とは言っても、焼き物って作ったときと、焼けた後のサイズが変わるのです。
備前焼の場合、約二割小さく縮みます。

なので、焼けた後にぴったりとガラス管が納まるようにサイズを計算して、ろくろでひいていかなければいけません。焼けた後縮んだ時に、小さくなりすぎればガラス管が入りませんし、大きすぎると中でぐらついて安定感がなくなってしますからです。

焼き物作りの難しいところはここです。

「このサイズのものが欲しい」と思った時に、作りながらその場で確認できないところ…

焼きあがったときの収縮率を考慮して作らないといけないので、焼き上がるまで油断が出来ません。


ろくろでひいた後は一日ほど置いて、持てるくらいのかたさになったところで裏面を削って仕上げをし、

ナイフを使って透かし模様を入れていきます。
ちなみに、この作業はほんとーーーーーーーーーに、首肩が痛くなります。

切った後のバリなどを綺麗にならします。

そして数日間、しっかりと自然乾燥させたのち、窯に入れて1230度で焼き上げていきます。

この時、緋だすき模様にする場合は、藁を巻き付けてから窯に入れます。

窯の大きさや種類によりますが、私が使っている小さな窯でも、窯に入れてから出すまで約4日間ほどかかります。

こうやって、色んなことに気を使いながら作ったものが、ちゃんと焼けて出てきて、ガラス管もきちんと納まるのを確認したときは、ホッと安心し、嬉しくなります。

なかなか数が出来ない作品なので、お気に入りのものが見つかったときは、ぜひゲットしてくださいね^^

作品をネットショップで見る
Creema
minnne
作品をネットショップで見る
Creema
minnne
作品をネットショップで見る
Creema
minnne

新作・ミニサイズも出来ました♪



吉岡亜子 LINE公式アカウントお友達募集♪作品のご案内など優先的にご案内しています!

友だち追加

この記事を書いた人

吉岡亜子

吉岡亜子

備前焼作家。備前焼の窯元で陶工として8年間勤めたのち、「備前焼をもっとかわいく、もっと身近に!」をコンセプトに、女性ならではの感性で、手にした時使いやすく、見た目も可愛い備前焼を提案。
現在は備前焼の体験教室の講師も務める。